2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大感動ですよ

kage

2008/04/13 (Sun)

こんにちは(・ω・)ノ
最近眠れない夜が続き、ふと見つけたサイトを
ベッドで読みながら眠る日が続いています。
転職活動中で、派遣会社の担当が入院しちゃったり
面接の日にJRで大事故があって面接どころじゃなかったり
(行ったけど2時間遅れ)ってことが続いて
気分も少し凹んだりしてたんだけど
以下の体験談を読んで、そんな気持ちはぶっ飛んだ。

もうね、マジ神かと。
神が君臨したのかと。

『何喰ってたんだ?』
(長いです)


3年前の話。
当時、金融屋をやっていたんだけど<裏金>その年の夏。
いつものように追い込みかけに行ったら、親はとっくに消えていたんだけど
子供が2人置いてかれてた。5歳と3歳。
上は男の子、下は女の子俺はまだペーペーで、
周りの兄さんらと違って顔も怖くなかったらしく家に行ったときすぐに下の子になつかれた。

ボロボロの服で風呂にも入ってなくて、
「いつから親はいないんだ?」
って聞いても答えない。
「何食ってたんだ?」
って聞いたら、上の子は下をむいて泣いた。
下の子が「こっち」って手を引いて裏庭に俺をつれていった。
破れた金網を通ってでたところは、小学校の裏庭だった。
「あのね、みーちゃんこれ食べたの」
って池を指す。
嫌な予感がした。
だってさ、その池って金魚がウヨウヨ泳いでるんだよ・・・。

2人を抱きかかえて家に戻ると、テーブルに小さいボウルと茶碗。
「お前ら・・・金魚食ってたのか・・・」
って聞いたら
「・・・うん」
すっげーやるせなくて涙がでて、俺もその場にいた兄さんらも泣いた。
すぐに兄さんがたくさん食べ物と洋服を買ってきた。
近くの銭湯で体を洗ってやった。
その後、俺らじゃどうしようもないから施設に連絡をいれた。
連れていかれる時に「お兄ちゃんありがとう」っていってた。
・・・全然ありがとうじゃねーよ・・・俺たちがお前らの親を追いつめたのに。

俺を含めて何人かは、この後仕事を抜けた。
ただ、救われたのは、こいつらの親がきちんと出てきた事だった。

金融屋がウザイんだよ。
って言われてるかなってちょっと見にきてみた。
<小心者がバレるな 続きか・・・。

その子らの親は、気になって戻ってきたら子供がいなくなっててショックだったそうだ。
ただし、家のいたる所に連絡先を書いてきたからすぐにわかったらしい。(もちろん施設のな。事務所だったらびびって逃げるから) 子供を迎えにいった時に、自分らのやった事の重大さに気が付いたそうだ。 俺はもう足抜けしてたし、気になってたからちょくちょく施設に見にいってたんだけど親が改心して良かったよ。
結局、俺が事務所の仲介をやって職も一緒に探してやったんだ。
また金魚でも食わせたら内蔵うっぱらうからな!って脅してさ。
借金の返済はまだ残ってるだろうけど、両方ともすげー働いているだろうな。
そんな感じかな。
これを書いたときに、実は思い出して悔し泣きしてたのを、うちのに見られた。
コソコソ2chやってるってバレたな・・・。
弱みを握られたよ。

そうなんだよな。
なんか理不尽な感じがして、自分の最後の理性が足洗う方へ向いたんだよ。
この子ら以外にもあったよ・・・・
最終的に足抜けしたのは・・・
また号泣しちまうかもしれんけど・・・・。

じいさんとばあさん夫婦に追い込みかけた時だったんだよ。
ボロっちいアパートに住んでいてさ、俺と兄さんが行ったんだけどさ孫ぐらいの俺らに土下座して泣いてるんだよ。
「すんません。すんません。」って。
何も食ってなくてフラフラしててさ。
所持金30円だった。
さすがに黙ってられなくて、兄さんに殺されてもいいから俺は助けたくなった。
こいつら見捨てたら、俺本当に無情になってしまう!って思った。
俺も向いてないんだろうけど、その兄さん<子供の話の時もいた。
もこの仕事に向いてなくてさ。
顔が怖いのと、両親がこの世にいないから流れてこっち来た人なんだよ。
「どうするよ。」って追い込みとかもうどうでも良くなってきてじいさんとばあさんに飯食わせながら、兄さんと逃がす話してたんだよ。
じいさんは見るからに人の良さそうな、騙されやすそうな感じでまあ、案の定騙されたんだけどな。
ばあさんと2人で、八百屋のクズ野菜を貰ってしのいでた生活だったらしい。
働くことも出来ず年金もわずかだから本当に老いて地獄にいる状態だった。
俺よりも兄さんが同情してて、段取りは全部兄さんがやった。
その為の金も、その後どうするかも全部。
方法は一つ「夜逃げ」だけ。
兄さんは、2人だけ連れて一緒に消えた。
俺は知らない事になってるから、数日間だけバレないように気を張ってた。
事務所もじいさんとばあさんだから追跡しなかった。
1ヶ月ぐらいして、俺が足抜けしたのをどっかで聞いたらしく、兄さんから連絡がきた。
じいさん夫婦は一緒にいた。
一緒に暮らしていた。
俺は、本気で誰かを救った兄さんをすごいって思ったけど、兄さんはじいさんらに 救われたっていってた。
「ばあさんの料理はうめーぞ」っていってた。実際にこうやって逃がす事もある。
でも、バレたら・・・最悪は海の可能性だってある。美談でもない。自己満足で書いたのでもない。若い奴でヘラヘラしやがって、裁判所に逃げたらどうにかなるって思う奴ら、そういう奴らからは、遠慮なく頂く。
実際に自殺された事もあった。

でも、死ぬのはいつも騙された奴らばかり。
確信犯で借りる奴らは、上手く立ち回って逃げる。
悔しいな。
どうにも出来ないからそう思うのかもな。
なんか、長くなってすまないね。
読むの疲れてないか?


By.2ちゃんねる



これ読んでね、世の中まだまだ捨てたもんじゃないね、って思ったよ。
頑張ろう、と思いましたよ。
2ちゃんねるは嫌いだったけど、いい話も載ってるんだね。
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。